目頭切開術

目頭切開術

目頭切開術のカウンセリング

目頭から上まぶたにかけてかぶさっている皮膚(蒙古ひだ)を切開することで、目の横幅を広げるのが「目頭切開術」です。目と目の間が離れているのを近づけ、切れ長の大きな目にすることができます。

ビフォーアフター症例

女性 全切開+目頭切開+目尻切開+下眼瞼下制術+眼瞼下垂 手術前後 【症例写真_画像1】

女性 目頭切開術 手術前後 【症例写真_画像2】


治療方法

目頭切開術としては、蒙古ヒダの形に合わせ様々な術式があります。(Irlt法、Mustarde法、Stallard法、Z-Plasty法、Mack法、Imre法、平賀法、内田法)など様々な方法があります。
患者様の理想とするラインをシュミレーションし、目の長さや幅、大きさを調整しながらお一人お一人に合った方法で行います。

【単純切開】

目頭切開術 単純切開 イラスト画像

目頭の部分を三日月型に切開します。
傷痕は目立ちませんが、後戻りしやすいデメリットがあります。

【内田法(W形成)】

目頭切開術 内田法(W形成) イラスト画像

目頭部分を大胆に切開する方法です。大きな効果が期待できます。

【Z形成】

目頭切開術 Z形成 イラスト画像

控え目で、皮膚を切除せずに出来る術式です。傷が一番目立ちにくいメリットがあります。
当院では、基本的にZ形成で目頭切開を行っています。(症例によっては他の術式を選択します。)

まずは、事前のカウンセリングにおいて患者様のご希望を十分に伺います。
そして術後のシミュレーションを行い、希望する形状に合わせて切開するラインをデザインしていきます。
二重まぶたの幅を変えずに平行型二重まぶたにしたい場合は、目頭上部の皮膚を平行型になる様に余剰皮膚を計測しデザインを起こします。
また目頭側の蒙古ヒダ が強い場合には、目が最も大きくなるように目頭側の余分な皮膚を計測し、適切に余分な蒙古ひだを取り除けるようにその方に合ったデザインを行っています。

目頭切開術において最も重要なポイントは自然な感じで目を大きくする点(不自然な大きな、形に切開しない)と、メイクをしていない状況でも他の人から見たときに傷跡がわからないように施術する点と当院では考えております。

※目をより大きくはっきりとさせたいという方には、二重術を併用することによって、理想の目もとを実現することができます。

カウンセリング予約

東京イセアクリニック

二重の整形手術なら東京イセアクリニック TOP
クリニック案内ドクター案内料金案内無料メール相談カウンセリング予約
埋没法 切開法全切開法部分切開法眼瞼下垂上眼瞼
目頭切開術 目尻切開術目元のたるみ取り下眼瞼下制術個人情報についてサイトマップ

  • 銀座院
    東京都中央区銀座6-2-3
    Daiwa銀座アネックス3F

CopyrightcTOKYO ISEA CLINIC All Rights Reserved.